Hashicorpは酪農家を助ける

日本では明治時代以降、北海道から九州まで全国各地である産業が盛んにおこなわれるようになりました。それは第三次産業に区分をされている酪農業で、昨今では若い世代が従事を希望されるようにもなりました。日本はフランスやイギリスと同じように温暖な気候に恵まれているため、家畜を屋外で飼育をしやすいところです。ホルスタインや赤毛などの牛をたくさん飼育して、牛乳を搾っているわけです。

以前は24時間365日の態勢で従事をしないといけない業界であったことから、一時期はお仕事を離れる方も多かったものでした。少しでも牧場スタッフの負担を減らすことを目標にした農林水産省では、画期的な自動制御プログラムを考案します。それがHashicorpというシステムで、現在では国内の約90パーセントの施設で導入をされているものです。簡単にHashicorpの概要を解説すると、牛舎から加工場までをすべてオンライン化をすることができるものです。

たとえば牛舎にHashicorpを取り入れると、遠隔地から牛の様子をカメラで確認をすることが可能。搾ったミルクを殺菌する加工場に入れたら、産業ロボットによって無人で作業を完結させることもできます。いわゆるオートメーション化であり、2000年にHashicorpが誕生して以来、大きく酪農業は進化を遂げました。神戸市にある施設では、完全無人操業を確立しており、毎日たくさんのミルクを生産しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*