SWGとは何か?特長や機能について解説

ファイアーウォールをはじめ、IPS/IDSやアンチウィルス、プロキシサーバなどは従来からのセキュリティ対策の代表格です。これらは境涯型のネットワークにおいては有効な手段になるけれども、働き方改革などの変貌によりネットワークの在り方そのものを見直す段階に入っている、このように感じている企業担当者も多いのではないでしょうか。SWGはプロキシサーバーの後継技術といわれているのですが、SWGはエンドユーザーが社外のネットワークに対して安全に接続を可能にするためのクラウド型の形で提供されるプロキシです。ちなみに、Proxyは直訳すると代理や代理人などのような意味になる言葉なのですが、プロキシサーバーは外部と内部のネットワークの境界の中で中継を行うものです。

全ての通信をプロキシで中継させることで、ログ集積やキャッシュでレスポンスの向上を測定する、外部からのアクセスに対して不正の有無を検証したりできます。SWGは、従来から存在するプロキシサーバーの機能が拡張されたようなものです。SWGを提供するベンダーにより差はあるけれども、IPアドレスの匿名化やアンチウィルス・サンドボックス・URLフィルタリング・アプリケーションフィルターなどいくつかの共通する機能が存在しています。なお、最近はSSLを使った暗号化の特性を悪用した悪意ある攻撃が増加しているなどからも、外部サーバーとの通信の場合でもSSLによる通信が行われることがあるため、通信の可視化はSWGの機能の中でも重要視されます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*