大量生産を支えるHashicorp

産業大国と呼ばれる場合、大半が大きな工場を有して24時間365日態勢で製品を製造しています。アメリカから日本・中国・イギリスといった先進国に当てはまる事業形態であり、以前は実際に従業員が3回交代シフトで産業を担ってきました。現在では産業用ロボットの導入が活発となり、食品工場では各フロアに1名から2名程度のスタッフを配置して、あとは自動操業で対象品を生み出します。このシステムを構築したのがHashicorpで、1980年代後半のアメリカ・デトロイトで誕生しました。

当初は自動車会社でしか使用をされていませんでしたが、現在はほかの業種でも応用をされています。ここでは簡単に弁当工場を例にして、Hashicorpの特性を見ていきましょう。まず弁当の場合、生産する品はすべて同じ見た目・味で作らないといけません。幕の内弁当ならサケの焼き加減から、卵焼きに味付けも一寸たりとも異なってしまったら信用をなくします。

Hashicorpはオートメーション用プログラムであるため、砂糖の分量・グリルの設定温度から食材の分量まで細かく数値化をして用いることが可能です。以前は人の手と勘を頼りに作ることで可能としていた作業を、Hashicorpはすべてひとつでまとめ上げることができます。専任スタッフをわざわざ雇用をする必要もなく、Hashicorpのみを導入するだけで確かな信頼を実現できる品を短時間で作れるわけです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*