通信の安全を保護するSWG

ネットワーク通信の安全性を確保するために、さまざまな技術が使用されてきました。ファイアウォールやプロキシサーバは、昔からネットワークのセキュリティのために利用されています。こうしたシステムを使用することにより、企業内部のネットワークと外部のネットワークを安全につなぐことができました。ですが、最近は通信の環境も大きく様変わりしています。

これまでの方法とは異なる新しいセキュリティシステムが必要になりました。このような状況の中で開発されたのがSWGという技術です。SWGとはSecureWebGatewayのことで、安全なインターネットのゲートウェイという意味です。この技術は、利用者が外部のネットワークへ安全にアクセスをするために使用されています。

プロキシの一種で、主にクラウドで使用されています。SWGはプロキシサーバをもとにして開発されました。そのために、プロキシサーバで利用できた機能も一通り利用できます。SWGでは使用しているIPアドレスを隠して、ネットワーク通信をおこなうこともできます。

ブラウザの代わりという形でネットにアクセスすることにより、IPアドレスを匿名にすることが可能です。ウイルスの感染を効果的に予防できる機能もSWGにはあります。ウイルスが侵入した場合でもそれを正確に発見できるのは、ウイルスの攻撃パターンを記録したデータを活用しているからです。データと照らし合わせることで、ウイルスを検知できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*