SWGの機能や特徴などについて

最終消費者であるエンドユーザーが、外部ネットワークへの安全な接続をおこなうためにSWGを使用します。SWGはSecureWebGatewayの略で、主としてクラウド型中継サーバのプロキシサーバのことです。IPアドレスを匿名性を高めたり、インターネット接続によるウイルスの侵入を防ぐことを目的として作られたものです。更にはPC内において仮想閉域環境を作り出し、その中において実行ファイルの安全性を確認する作業もおこなえます。

しかしすべてのマルウェアに有効というわけではないため、エンドポイントセキュリティとの併用も必要と考えられます。なお許可されていないアプリケーションの利用を制御する機能も備えているので、さまざまな分析にも適用が可能です。SWGの重要なメリットは、今まで社内だけで仕事をおこなっていた従業員などが社外でも仕事をおこなっている場合の安全性を担保できるところではないでしょうか。以前は社外への情報の持ち出しをしないことで安全性が確保されていたものが、現在では常時インターネットでの作業が不可欠になってきた側面があります。

けれどもそのような変化に従来のセキュリティーでは十分な安全を担保できなくなってきたために、SWGへの以降が必要となったと考えられます。インターネット上に存在するいろいろな驚異からユーザーを守るために、SWGのような仕組みは今後もますます向上させなければならない存在でしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*