SWGの機能と種類について

SWGとは外部へのアクセスを安全かつ快適に行うことを目的として提供される、クラウド型のプロキシです。プロキシは内部と外部のネットワークの中継を担う存在であり、ログやキャッシュを蓄積したり外部からのアクセスが不正なものでないかチェックしたりしています。SWGが持つ機能の詳細はベンダーによって異なるものの、代表的な機能として挙げられるのはアンチウイルスやサンドボックスなどです。PC内に侵入したウイルスを検知して駆除するアンチウイルスは、PC内におけるセキュリティレベルの向上につながるでしょう。

サンドボックスは社内ネットワークから離れた場所でファイルなどの安全性を確認するため、社内のシステムへの影響を最小限に抑えられます。SWGにはクラウド上のものを利用するクラウド型と自社のオンプレミスサーバーに設置するオンプレ型、クラウドとオンプレミスを両方使用するハイブリッド型という3つの種類があります。クラウド型を導入する場合はシステムダウン時にもベンダーによる対応が受けられるので、自社で大規模なセキュリティ部門を設ける必要はありません。自社で設備を保有する必要がないことから、初期費用や運用にかかるコストの削減に効果的だと言えるでしょう。

オンプレ型のSWGはカスタマイズの自由度が高いだけでなく、既存のシステムとの連携も取りやすいです。社内外でクラウドとオンプレミスを使い分けられるほか、オンプレミスからクラウド型へと段階的に移行していく場合にもハイブリッド型が用いられています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*