冷凍食品加工場で役立つSWG

国内では色んなスタイルの食べ物が流通をしており、われわれの食卓を彩ってくれています。以前だと家庭の主婦が時間をかけて一から作るのが一般的で、毎日似通ったものしか食べることができなかったものです。カレーや焼き魚、コロッケなどのおかずばかりだと、栄養が偏るうえに味も美味しくないというデメリットしかありませんでした。ところが現在ではレストランさながらの美味しい冷凍食品が販売をされており、簡単調理で食べることが可能です。

国内にな色んなメーカーに冷凍食品工場があり、そこでは24時間365日のスタイルで生産をなされています。ここでは簡単に、その工場で取り入れられているSWGシステムについて解説をしていきましょう。まずSWGとは何かというと、総合自動制御システムというものです。たとえばエビフライを作るラインの場合、エビの皮を剥いたあとでパン粉・小麦粉などの生地に浸していかないといけません。

さらに油で揚げるという複雑な作業工程を工場内にベルトコンベアで実施をするのですが、その工程を操作するのにSWGが活躍をします。現在はオートメーション化を実施しているため、人の手で作ることは一切ありません。すべて産業用ロボットが製造をするので、中央管制室でSWGを活用してロボットを操作しているわけです。もともとは自動車会社で取り入れられていましたが、現在は食品からアパレルなどのいろんな業界でSWGは活躍をしています。

SWGのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*