セキュリティの技術であるXDR

XDRはネットワークのセキュリティ対策のために使用されている技術です。ExtendedDetectionandResponseが正式な名称です。拡張された検知と対応という意味を持っている言葉です。この技術は、EDRという技術を拡張することで開発されました。

EDRもネットワークの安全対策のために使われている技術です。EDRはエンドポイントで、ネットワーク上の危険を予防できる機能が搭載されていました。エンドポイントには末端という意味があり、通信の世界ではパソコンやスマートフォンなどネットワークに接続している各種の端末のことを意味しています。エンドポイントでネット上の危険をブロックすることは非常に重要ですが、それ以外の場所でも安全性を確保する必要があったため、XDRという技術が開発されました。

XDRを使用することによって、より広い範囲でネットワークの安全対策をすることが可能になりました。さまざまな企業がXDRの製品を開発していますが、それぞれの製品によってセキュリティの性能は異なります。XDRの性能に大きな影響を与えているのは、外部からの攻撃を正確に検知できる能力です。一般的な製品には、すでに広く知られている攻撃に対する対策できる機能が搭載されています。

性能の高い製品の場合、全く知られていないネット上の攻撃であっても、コンピューターが検知して予防することができます。複数のデータを関連づけて使用することで、未知の攻撃を検知できるようになっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*