肉汁たっぷり!美味しいチキンはXDRで作れる

ファストフードという食べ物は、いまでは幼いお子さんから高齢者までもが毎日といっていいほど口にするようにありました。日本で最初に登場をしたのは1970年の頃で、この時はハンバーガーとフライドポテトのみでした。その後はドーナツな牛丼、さらにはうどんなども手軽に迅速に用意をするファストフード化が進みました。なかでも多くの方に愛されているものが、フライドチキンです。

クリスマス時期になるとバケツ入りの大きなケースに入れており、濃厚なスパイスと柔らかい肉のハーモニーに酔いしれている方も多いことでしょう。ここでは簡単に、専門店で作っている美味しいフライドチキンの作り方と活用をしている機材について、解説をしていきます。まず店ではセントラルキッチンで加工をされた肉を仕入れており、スパイスなどもどの店舗でも同じものを使っています。そしてフライヤーで揚げるのですが、このフライヤーにはXDRという機能が組み込まれており、中央センターで温度・油の量などを可視化して調整をされます。

いわばXDRは遠隔操作プログラムといえるものです。XDRは産業システムであるもので、現在では多くの食品工場で導入をされているものとなります。当初は弁当工場のみでしか導入をされていませんでしたが、いまでは冷凍食品でも採用をされており、ハンバーガーチェーンでも独自のXDRを活用して、味の均一化を図るように気を配られるようになっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*