XDRは国内の伝統産業も支える

日本では古くから守られている伝統産業というものがあり、そのお仕事に従事をされている方は少なくありません。食の面でいえば、京都や金沢で多い傾向です。漬物・和菓子がそれであり、特に京都では農林水産省が認可を与えている伝統食品の認定店が多いものとなります。和菓子とひとことに言っても色んな製品で構成をされていますが、落雁は平安時代に誕生した趣のあるお菓子で、現在でも天皇に献上をされている品です。

京の落雁は供え物とも称される品で、上新粉と上白糖を用いて作られています。一子相伝の製法をどのお店でも貫いてきましたが、昨今では後継者育成のために撤廃をされるところが多いのが特徴。そしてベンチャー企業と協力をしてXDRを用いたアルゴリズムも導入をされました。XDRとはデータ蓄積システムの略称となっており、いわば回顧録のデジタル版といえます。

和菓子店で実際にXDRを取り入れているところを参考にすると、3Dスキャンをおこなって実際に職人が作る身動きもデータに取り入れていることがわかりました。さらに音声・文字などもすべてXDRで保存をすることができ、産業ロボットにインプットをすれば、熟練した技術を持つ技を瞬時にロボットが再現をすることも可能です。昨今はいろんな業界で深刻な人材不足が問題となっていますが、XDRを活用すれば人の代わりにAIを持つロボットがいろんな業務を担当して、円滑な経済活動を実現することができます。XDRのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*