インシデント対策をサポートするSIEM

インターネットやネットワークの存在が世界にとって当たり前のものになり、企業ではシステムを使った仕組みに頼って業務が出ています。顧客情報を含めた重要な機密をいかにして脅威から守るかが、企業にとっても重要な課題となっています。サイバー攻撃やウィルス、情報漏洩といった脅威はネットワークを通じて発生し、誰も気づかなかった場合は多くの被害を引き起こします。重要な情報が漏洩したりメインで使用しているシステムが悪意のある第三者から乗っ取られた場合には、企業は大きな被害を受けることになるでしょう。

被害をできるだけ最小限に抑え、迅速な対応を可能にするのがSIEMです。SIEMはシームと読み、日本語ではセキュリティ情報イベント管理とも呼ばれているシステムです。あらゆるIT機器から情報やログを集約し、一元管理できるのが特徴でしょう。相関分析やダッシュボード機能を備えており、セキュリティインシデントの自動的な発見に役立ちます。

セキュリティ部門は企業にとって重要な部門ではありますが、利用しているネットワークをすべて監視する場合には多大なコストがかかります。SIEMによって一部を自動化することでコストの削減を行い、スタッフの労力を軽減することも可能です。また、SIEMではインシデント発生時にスムーズな対応が行えるように多数の機能が備わっています。悪意のある第三者からの脅威を未然に防ぐのではなく、あくまでも発生した場合に最適な対応ができるようにサポートしてくれるシステムとなっています。

SIEMのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*